骨ゆらしセミナーを受講して

 7月中旬に「骨ゆらし」の創始者永井幹人先生(鍼灸按摩マッサージ指圧師)が来道され、セミナーを開催し、引き続いて翌週に偶然、小樽在住で永井先生に師事されている小川先生の体験会が催されました。
 永井先生とは私の沖ヨガ修道場時代の先輩で難病の修行生を担当され、その後の実績も数多くの施術体験があり、その複雑な施術法を誰にでもわかりやすく伝えることに力を注いでおられます。今も水野ヨガ学院では「ゆらゆら体操」をリラクゼーションとして取り入れていますが、この体操の考案者も永井先生です。それから数十年を経て癒しの確信と施術の簡易法を開発され、この「骨ゆらし」になったと思います。
51vhb75p5kl_aa160_ Books 41ox1hjzbpl_bo2204203200_pisitbstic
 永井先生のセミナーではいきなり高度なテクニックを誰にでもできるという方法から入り、体の各部分をゆらし、伝わる、ひびく、ゆれるを主に直伝の様にセミナーが進めていきました。これでいいのかと参加者同士がまず実習するのはこの手のセミナーでは定番です。ひびかない、伝わらないの苦労をしながら感受性を身につける努力も必要でした。しかし互いに終えた後は体がリフレッシュしたことはいうまでもありません。
 永井先生のそのような下地の上に小川先生の体験会はまた違った、全身を理論通りの流れの中で手、肩、足、腰骨、頭、そして骨盤内、腹部と各部を丁寧にゆらし続けました。ほとんどの人は硬い床の上のにもかかわらず眠ってしまった人、よだれをたらしてしまった人、最高の時間が過ぎていきました。
 永井先生はこの骨ゆらしの基本は経絡指圧であり、骨髄に刺激を加え、脳にも刺激が行くイノチの複雑さを単純に「気持ちがいい」と言う表現で生命力を活性化するものと教えてくれました。そしてまた、施術する方は瞑想状態であり丹田、仏性に働きかけて自己一如を達成するものであると、さすが沖正弘導師の内弟子の一人です。しっかりと沖ヨガの伝道者でした。
 再度、セミナーが開かれるのを期待して先生の来道をお待ちしています。
 小川先生の講義資料を紹介します。
骨ゆらし