水野ヨガ学院の特色

呼吸法からはじめ手足の刺激で体を温めてそれから各種の動きやポーズを作ります。体を感じることや連動性を大切にして楽に動ける方法を学んでいきます。他にテーマを作ってマッサージや腹筋強化、笑いヨガ、瞑想など行います。動きだけでなく、健康に役立つ食事や心がまえなど総合的に、生活に役立つ情報を提供しています。

 

 

 

クラスの概要

一般ヨガ

難易度の少ない普通のアサナ36ポーズ以上を3ヶ月で作ります。
毎回カリキュラムは変わりますが当学院の独特のテーマで健康増進、スキルアップを目的としたクラスですが無理をしないでヨガの広くて深くてそして生活に身近な内容を楽しんでいただきます。

リラックスヨガ

やさしいアサナ20ポーズ位で呼吸や瞑想を取り入れながらリラックスを心がけ心身の疲労回復を心がけるクラスです。

シルバーヨガ

老化を少しでも遅らせるために体と心を適度に動かします。中でも筋力低下と姿勢を良くするために呼吸法や無理のない腹筋運動も取り入れていきます。リラックスヨガに準じますが無理のないチャレンジは歓迎します。

乳幼児連れヨガ

産後や育児生活の疲労の回復をはかるために、一般ヨガに準じ、子育てを楽しむ環境づくりの学びも行います。 
>> レッスン風景

一般マタニティヨガ

マタニティライフを快適に過ごせるための心身の健康増進と出産に向かうための呼吸法、筋力強化、リラクゼーションを身につけます。無理のない範囲で一般ヨガのカリキュラムで進めます。
>> レッスン風景

カラカタヨガ

「体が硬い人のためのヨガ」を出版した機会に、体を動かすことが苦手の人でも楽にできるようにポーズを主体とすることなくほぐし、緩めて、心身のリラクセーションを意識しながら動きを作っていきます。

 

 

代表 水野健二 紹介

1948年京都市生まれ。沖正弘導師に師事。札幌にて道新文化センター、朝日カルチャーほかでヨガ指導を始め、昭和62年ヨガの教室を創業し35年の指導実績と多くのヨガ指導者を育てる。外部の活動としてNPO法人沖ヨガ協会副理事長。海外で指導実績も豊富。「体が硬い人のためのヨガ」をPHP研究所から発刊。

profile
1948年4月生まれ。京都市立紫野高校卒業
1971年・立命館大学理工学部化学科卒業
・在学中学術部探検部所属 奄美大島トカラ列島横当島遠征他
・卒業後、製薬会社に従事。
1977年・静岡県三島市の沖ヨガ修道場入門。沖正弘師に師事。
以後毎年北海道にて沖正弘師を招聘して講演会・合宿を行う。
1979年・北海道沖ヨガ連合会設立。朝日カルチャー沖ヨガ講座担当。
1980年・国際総合ヨガ世界大会京都大会参加
   ・長浜にてアイアンガー師の指導者強化コース修了
1985年・北海道にて沖導師入定 追悼会を行う。
   ・八光流柔術準師範取得
1986年・国際総合ヨガ日本協会北海道支部連合会設立参画。
副会長・事務局長、協会 理事就任。錬師四段取得(~98年)
1987年・水野ヨガ学院設立。取締役就任
1993年・治療師認定資格取得(社団法人北海道治療師会)
1996年・台湾学校法人沖道ヨガ会指導者養成研修講師。
1998年・特定非営利活動法人岡山ヨガ振興協会の設立参画。理事長(99~02)
   ・老人施設に於いてヨガ指導(~03)
2001年・日本アロマテラピー協会所属・アドバイザー資格取得
2004年・台湾ヨガ行者洪獻宗師研修会開催
2006年・横浜・愛知江南市で指導員養成基礎コース開催
2007年・インド・シバナンダアシュラム・聖地ガンゴトリ巡礼
2008年・国際総合ヨガ協会設立参画/北海道連合会代表世話人
2009年・NPO国際総合ヨガ協会('11沖ヨガ協会名称変更)副理事長
2010年・「体が硬い人のためのヨガ/basic」PHPから出版。
2012年・オランダ(ラーレン)・イタリア(ミラノ)でヨガツアー
体が硬い人のためのヨガ/extraDVD」PHPから出版。

指導実績(現在まで)
・朝日カルチャー沖ヨガ講座・道新文化センターヨガ講座
・UHB大学ヨガ講座・北海道職員厚生課
・札幌市教育文化財団教文演劇セミナー・石狩市教育委員会
・恵庭市役所保健部
・北海道札幌南高校野球部(平成12年夏甲子園出場)
・中道機械株式会社・雪印乳業(株) 他企業福利厚生部門
・慈啓会老人保健施設・沖ヨガ修道場 他
・スポーツクラブ・糖尿病医療施設
・各区民センター、PTA
・北海道内指導実績(函館、室蘭、苫小牧、千歳、稚内、根室、釧路、帯広他)
・国内指導実績(福岡、岡山、京都、大阪、名古屋、東京、青森他)