講習会風景

所属している国際総合ヨガ協会北海道連合会の研修風景です。普段、教室で写真を撮ることは皆無ですが、会の研修の際には専属の優秀なカメラマンがいます。
「体が硬い人のために」出版本と同名のタイトルで講習会をしました。稲穂のポーズを作る時、どうしたら楽に作れるか、力を抜くことが大事だけれど抜けないときはサポートしてあげると楽にできるよという写真です。背中に密着して後ろに倒れないようにする。胸が閉じないように、腕を広げるように保つ。頭が垂れないように手で支える。そして胴体の重さで沈めていく。また呼吸の運動で膨らむ、しぼむを実感する。そのようなプロセスを経て体が自然にくつろいでいくのです。そんなことを説明する一コマです。
Support1
追伸:専属のカメラマンといっても専業ではありません。会の広報部長を担当しています。彼とは長い付き合いです。1年くらいヨガでは先輩です。先日、彼から30年以上前の昔話を聞きましたが私はすっかり忘れていました。その昔話とはまだ私がレッスンに慣れないものですから、彼のクラスを見学に体育館へ行ったときの話しです。講師の彼は受講生が集まっているのにさっぱり現れません。受講生は時間なので整列して待っているのです。仕方なく新米の私が急遽、代行レッスンをすることになったのです。彼は1時間くらい遅れてきました。一言、忘れてた、です。まあ、そんな人柄のためか人気があるのです、私はそれから、ながーいおつきあいをさせていただいています。

体が硬い人のためのヨガ・・・本の出版

 おかげをもちまして、本当におかげをもちまして「体の硬い人のためのヨガ」の本の出版にいたりました。本当にご縁を感じる1年弱でした。昨年晩秋に縁あり、たくさんの出版社様を紹介していただき、縁あり、企画書を作ってもらい、出版社様からお話をいただき、実らず、またいただきを繰り返し、現実になりつつも、信じられぬまま、作業に入り、雪解けからゴールデンウィークにかけて、新規執筆、だめ直し、校正を繰り返し、写真を700枚撮り、ポーズの線画を書き、支離滅裂の文章に自己嫌悪に落ち入り、締め切り間に合わずレッスンをさぼり、思い違いをしたり、言い訳をしたりエトセトラ。そしてたくさんの支援のもとで完成した本です。
 出版されてからもばたばたは続きます。おめでとうと言って20冊、10冊と注文をいただくのです。ありがたくせっせと荷造りです。本が200冊届いたその日に100冊出てしまい、4ヵ日目に出版社に追加注文です。これとてあまりもちそうにありません。楽しみにされている水・木曜日の受講生の皆さんは2週間も手に入らない方も出てきました。本当に申し訳ありません。まだまだ申し訳ないことはサインです。はじめは練習してないからパスと断ってきましたがその内、大胆にもボールペンでサインし始めました。それもえらそうに格言付きで。だれかにサインペンぐらい用意したらとアドバイス。そうなんだ、サインはサインペンなんだよなと初めて気がつく始末。まだサインペンは買っていません。至らぬところばかりすみません。
 浮かれてばかりいられない昨今です。学院での企画もがんばらなければ。そして協会のお仕事もたくさん秋に向かって目白押しです。
Karakata1Karakata2
 ところでイラストの写真はかわいいお姉さんに仕上がっていますが、実はポーズはすべて私の写真をイラスト化したそうです。どうりでだめポーズは真に迫っていると思いました。

さっぽろ大通公園

教室からの帰り際、聞いたことのあるお囃子につられて大通公園に向かいました。たくさんの人が盆踊りを踊っています。歌も演奏もライブです。バスの乗り遅れないように時間を気にしながら写真を何枚か撮りました。このお盆をさかいにして秋風が吹くのですが、今年はいつもと違うようです。
Oodoribonnodori

盆踊り

夏の恒例の盆踊りが始まりました。やぐらを立てて紅白の幕を張り、子供がその上に登って太鼓や鐘のお囃子と北海盆歌(♪ちゃんこちゃんこっちゃんこっちゃんちゃんこちゃん 手拍子揃えてちゃちゃんこちゃん♪ ♪はぁ~ 北海 名物ぅ~ は~どうしたどした♪  )のラジカセ音楽で大人も子供も輪になって踊ります。案の定、遠くから遠征組がいます。近辺の町内では日を変えて開催しているので、それらを回っていると結構楽しめます。中には公園でカラオケ大会をする町内もあります。写真では踊る人まばらですが、周辺の柵に座ってご近所さんがたくさんいて、情報交換です。へえ~、そう~、誰それはどこへ行った、あの子は東京へお嫁に行ったなどなどです。やぐらでは高額アルバイトを狙って人気があり、お囃子もうまいものです。このようにして夏の風物詩は終わりました。ちなみ、最後のラジオ体操はお疲れさんということで景品をもらえるのですが、残念ながらこの日の朝は寝坊をしてもらえませんでした。来年また頑張ろう。
Bonnodori

認識すること

 先日、受講生がバリアフリーの話しをしてくれました。介護のし過ぎ、至れり尽くせりは本当にお年寄りにいいことなのだろうか。ますます弱らせしまうのではないかという話しです。昔は台所は土間にあり、地面にかまどがありました。食事するところや、居間などの上がったり下りたりはお年寄りは大変だったのですが、それをなんとかこなしていたそうです。現在でも台所に立っているとその動線の量はすごいものです。バリアフリーは体の負担を少なくしますが楽することで体も心もマイナス方向に変わっていくような気がします。
 同じような話し。ヨガのとき体の使い方は丹田が大切というのは常套文句になっています。一番丹田を使う職業は何かというと土方じゃないかと話しをしたら、今は土方とは言わないで土木作業員と言いますとのこと。でもこの二者は全然違うのです。土木作業員は機械を操り、機械の補助、周辺作業をする人たちです。肉体労働には違いないけど、土方ではないのです。大きな違いは自分の体と作業対象の間合いでしょう。力の入れ方、対象の状態の変化、扱い方などが伝わるのが土方作業だと思います。
 同じような話し。前に説明しましたホムンクルスの人形で口がやたらに大きいのは一番敏感で生きるに大切な部位だからです。生まれた赤ちゃんはおかあさんの乳房をしゃぶります。この作業は何をしているのでしょうか。おっぱいを認識し、口の感覚を通して生きることを学びます。感覚が神経の中に刻まれ、記憶され、満足や将来の行動を作るようになります。お年寄りの退化の逆を歩んでいきます。
 この三つの例で人の行動で一番大切なのは認識することが大切だと知りました。お年寄りが動けなくなると、故障を認識して動きを緩慢にして代償作用で若い時と違う動きを学びます。土方作業は体を痛めない体の使い方を学んでいくのです。赤ん坊は口使い、手を使い物を認識し自分の存在を学び、こどもはイタヅラを通して道徳を学ぶのだと思います。
 これも先日教室にて。この暑い日が続く中。珍しくクーラーを入れました。その瞬間は幸せいっぱいです。でもすぐ慣れてしまいます。久しぶりに呼吸法スイッタリーを行いました。舌を丸めてその間から息を吸う呼吸法です。この呼吸法は乾きや飢えを防ぐ呼吸と効能を上げています。しかしこのときは違いました。肺に水をすするような感覚で息を入れると体感温度が下がってくるのです。クーラーのせいではありません。体の中から冷えを感じるのです。それも一人や二人じゃないのです。かなりの人が涼しくなったと感想を聞きました。たくさんある呼吸法は無意識に行っている息を意識し、しっかりと脳に認識する作業だったのです。脳はからだ丸ごと小宇宙の神の教えに従って処理してくれるでしょう。
 認識することの大切さは広がります。懺悔だってそうです。ごめん、すみませんが懺悔の意味です。しかし本当に懺悔が理解できる時は認識した時です。そのとき訂正、修正が伴います。そして反省が伴って行くのが懺悔なのです。何回もすみませんが出てくるのは懺悔ではないのです。
 ヨガが体操ではない理由はその行為を認識しているかどうかだと思います。しっかりとした感じや識別することで認識が深まって、心身の機能を高める一連の行がヨガだと思います。

ラジオ体操

今年の夏はできるだけラジオ体操に参加することにしています。町内の公園で6時30分からNHKラジオ第二放送の全国版に合わせて老若男女、子供たちが約50〜60名くらい集まって10分くらいの体操をします。子供より大人が多いのはご近所さんのおつきあいがいいからでしょうか。体操が終わると子供たちの列に混じって大人も出席したというハンコをもらうために並びます。はじめは恥ずかしかったけれど朝のご挨拶を役員の皆さんとする唯一の機会です。
私はそのラジオ体操をあまりまじめにしていません。動きが速いからです。ヨガではしっかりと体を感じながらするのに慣れているので腕や首を痛めそうです。また反動も普段しないのですがアナウンサーの声で「横曲げ、大きく反動をつけて」と聞こえてくるのですが、体を痛めそうです。しかしたくさんの人の中に入っているだけで皆さんの気をいただけるようで元気に今日1日が始まります。
Rajiotaisou_s

我が住宅近辺に熊が出没

驚きました。電信柱にヒグマの糞が発見された、立ち入り禁止、という張り紙があちこちに、また区役所からチラシが配られてきました。我が家の先の山は羊ヶ丘展望台、自衛隊の演習地を経て支笏湖、洞爺湖に続く原生林に続いています。今まで熊が出るなんて聞いたことありません。私は好んで近くの山に入り、どこに出て、そしてどこへ続くのか興味本位で歩き回っていましたが、熊が出る山だと思いもしませんでした。
ずっと以前に支笏湖にある恵庭岳に登ったことがありました。ここでははっきりと動物園のケモノの匂いと同じで熊の気配を感じ、寒気を感じながら下山をし、こんな恐ろしい思いで山に登るのならやめたと、それ以来山登りをしていません。
家の近くでは山に近いせいか、狐や狸はよく見ます。彼らはゴミをあさりに住宅街をさまよいます。見方によればかわいいものです。近所のある人はカラスと一緒に餌付けさえしているようです。周りの人はかんかんに怒っています。熊も山中で食糧難で生活しづらくなったのでしょうか。そういえば、庭にあるグミも姫リンゴも実を付けていません。
高校生の頃に読んだ西丸震哉(食生態学者、探検家)の「山の博物誌」にヒグマとツキノワグマの違いを書いていました。ツキノワグマは人を敵として見て逃げるが、ヒグマはえさと見るそうです。今はそんなこと無くヒグマだって音で逃げるそうですがそのくらい習性が違うと恐ろしくなります。彼は熊と出会ったら死ぬまねは意味がない、逃げろと言います。上りも下りもめっぽう足は速いし、木登りも上手だといいます。弱点と言えばフトコロで、そこに飛び込めと、その後は知らんと書いてありました。
熊の事件は北海道ではたくさんあります。大正初期の頃留萌地方の苫前町の開拓村、三ヶ別で村人が7人殺され、妊婦含めて3人が食べられる事件があり、その熊をしとめたのが銀次郎という猟師であることを本で読んだことがあります。生前の義母はその銀次郎を知っていると三ヶ別事件の話しを懐かしく話してくれました。
というわけでしばらくは近隣の西岡公園のキャンプ場も熊騒動が落ち着くまで、閉鎖だそうです。
Kumasyutubotu

月の礼拝体操

ヨガのカリキュラムで太陽礼拝体操はあまりにもポピュラーです。あるグループはこの体操しかしないそうです。それだけ瞑想に打ち込んでいるのでしょう。
私が初めて習ったのは、合掌礼拝体操と名うっていました。師は癖や習慣、思いこみを見直し、より新しい考えで社会を見ていくことで進化向上が生まれるのだと説きました。そして、既成概念を打破することに集中して、ポーズの名前もことごとく独創的でした。今私たちが使っている名前と大きく違うのは、犬のポーズを山のポーズといい、三角のポーズを釣針のポーズ、肩立ちのポーズを逆さかだちのポーズと言っていました。その真意はサンスクリットや欧米思想から離れた日本独自のヨガを伝えたかったのでしょう。
話は変わります。わが師のヨガは月の礼拝の名称はありませんでした。私はこれを知ってからなぜか、太陽礼拝以上に好きになっています。理由は体がつながる実感が得られること、ポーズ一つ一つが意識しやすいこと、体の変化が大きくなること、呼吸のリズムが取りやすいことです。ゆったりと満月を思い出しながら、新月、三日月を思い出しながら繰り返すのです。
太陽があらゆる生き物に照らしている一様な空間があるとしたら、月は照らされている限局の空間を主張するマイナーな存在なのです。(小池龍之介氏講話から) ある時は暗闇を作りいつもは光を放っていないあてにならない存在だけれどその隠れた恩恵に静かに感謝する存在が月なのです。
月の礼拝体操を続けていくと心も体も自然と一体化していきます。そう意味で学院で好んで繰り返しています。太陽礼拝体操も月の礼拝体操もラジオ体操とおもむきが異なります。師は動きを禅にする、動きのみに集中する、動きが自然と一体になるような効率を求めていく動き、これを動禅と言いました。これは立派な瞑想になるのです。心のためのポーズを作ることを目指しなさいとよく言われました。
下のイラストはmi.soさんの作品です。学院のためにたくさんのイラストを書いていただきました。
Tukinoreiha2

「肺の日」講演会は無事終了しました。

たくさんの方が参加された講演会でした。呼吸器学会の記念講演会は今回で11回目を迎えるそうです。いつも70人くらいの参加と聞いていたのですが、150人くらい来ていたようです。タイトルががん、間質性肺炎という重い病気なので、難しい話も皆さん真剣です。私の関係者も少なからず参加してくれました。後の感想を聞くと、重病者でないので、関心は薄く、中には病人ばかりで気分が悪くなったという人もいました。転ばぬ先の杖ですよ、気をつけて、今の健康に感謝しましょうとありきたりの返事です。
私の担当は場に似合わず、笑いヨガです。皆さん笑ってくれるか心配でしたが、上手に笑ってくれました。何とか面目を保った次第です。札幌医大第三内科のスタッフの皆さんありがとうございました。貴重な体験をさせていただきました。
Hainohi_burogu