30年前の催眠研修

面白い写真が出てきました。大阪の立木寅雄?先生の催眠研修会を3泊4日で受けた時の写真です。決して面白半分でなく、心理学のお勉強でした。この時の研修は今もしっかりとヨガ授業に役立てています。すなわち教育やコマーシャルが暗示効果であることです。繰り返し、繰り返しイメージすることで記憶に残ります。リラックスする時も繰り返し行うと効果があるのです。

Saimin

この暗示効果は判断力が無くなったとき、他者暗示が入ってきます。昔は「○○万歳」と言って戦争にかりたてられました。みんながするということで判断がなくなったのです。ですから私たちはしっかりと自分の考えを持つ必要があるのです。この写真は力を抜けと言われたらこのようになりました。この先はどうなるのかと言いますと、頭と足にイスが置かれ、体が板のような状態になり(板状になれ!と言われました)、このからだの上を人が座るのです。意識ははっきりしていました。しかし支えられないという緊張感は全くなく、ただ重いなぁくらいでした。これは人の脳の使い方がいつもと違うということでした。火事場の馬鹿力と同じです。脳の使い方を変えればだれでも素晴らしい力を持っている実験でありましたが、使い方を誤るとまた危険ということも知りました。暗示というのはもろ刃の剣でありますが、人は努力して何かを成し遂げるためにイメージトレーニングという暗示もたいせつなツールです。

寒い日

昨日は寒い日でした。朝、犬の散歩は6時に出かけ、近所を30分くらいかけて回ってきます。いつもはスキー用のダウンを着るだけで十分ですが、今日も朝の気温は−5度だからいつもと同じでそれほど寒いと思いません。当然、毛糸の帽子にがっちりとした手袋ですが靴は履き古した通勤用の冬靴です。寒くなりはじめの頃はこの気温よりも暖かくても寒くて仕方がないので、これにオーバーズボンをはいていたものです。
ところが昨日は違います。−10度。そして風があります。完全防寒服で散歩に出かけました。帽子、手袋はそのままですが、靴は防寒用ブーツ、オーバーズボンにそしてスキー用ダウンジャンパーの下に通勤用ダウンを着ました。あったかーい。それほどごわごわしません。ダウンとはたいしたものです。風が吹いても顔周りが冷たいだけです。首もとに口を埋めれば息も楽です。キュッ、キュッと気温が下がった雪を踏みしめて散歩完了。犬は当然素足の毛皮付きの裸です。
暖かい地域の人たちへ。北海道の冬は楽しいですよ。もうすぐ雪祭り。一番いい季節です。家の中はいつも20度だから快適だし。ついでに当教室にビジターで受講はいかがですか。しっかりと体が緩みますよ。(昨日久しぶりに来た人が体をゆるめてほしい、と言って受講されました。)

学院には多才の人たちが

今日も授業の終わりにはたくさんの話題でにぎわいました。登山家ルチアさんが新聞に出たよ持ってきた話題は格別でした。日本人エベレスト登頂女性日本人4人目という偉業を残した方です。かの有名な三浦雄一郎さんも載っていました。昔から登山で名を残す人はごく一部ですが、遠征ではお金もかかるので資金のみに目を向けるアドベンチャー商業主義は何かおかしいと少し批判的でした。
Photo_4
その話題の中にいた人も聞いてみると看護師さんで保健師さんで助産師さんです。道北の地域周産期母子医療センター -という出産に緊急を要する救急施設に勤務していたということ。そういえば私は今年からマタニティのクラスを担当します。10年ぶりのクラス担当ですから不安いっぱいです。腹筋は妊婦さんに必要ですかとおそるおそるたずねました。絶対必要と太鼓判を押してもらいました。腹筋がないと赤ちゃんは力を入れたときに前方に出る、すなわちお腹の大きな妊婦さんは腹筋のない人。小さく生んで大きく育てることは本当だったのです。それでは腹筋のある妊婦さんは力を入れたらどうなるかというと、赤ちゃんは上に上がる、この状態で出産を迎えると上がって下がるからスムーズに出産が終わるといいます。なるほど、なるほど。そういえば10年前は妊婦さんだってアーチのポーズや逆立ちのポーズを平気でやっていましたよ。写真はこちらにあるけど、今はそんなの言ったらムリムリだっての返事です。http://www.mizunoyoga.com/matani.htm
3

再び 笑いヨガについて

○○ヨガという名称が多くなりました、まず始めは笑いヨガ、顔ヨガ、足ヨガ、指ヨガとあります。どんなヨガかわかりますか。いつでもどこでもヨガができるのはいいですね。この笑いヨガもどこでもできます。そして笑うフリだけでもいいのだからこんな楽なヨガはないといえます。ハイ、チーズと歯を出すときに「ははは」と笑えばいいのです。笑う時の顔の筋肉が動くだけで、脳に笑いホルモンが出るそうです。お正月から、幸せホルモンがいっぱい出るようにいつでもどこでもハハハハと行きましょう。
Photo