合宿の風景1

大きなカ会場にもかかわらず130人はとても入りきらず動きのあるときは二つに分けた。近頃の研修会ではこれほど集まった例はなくフッと昔を思い出してしまう。沖ヨガ修道場には夏休み春休みになると200人くらい集まった。病人もいた。子供も長期滞在者もいた。当然、外国からもである。台湾、英語圏、スペイン圏など通訳も大変だっただろう。

Izu2

合宿とは一緒になって何かをするということだ。時間と空間の共有が自分の安心と力強さを作ってくれる。いつも何か関係を求めて何かをしているけど、それがストレスになると一人になりたいと思う。そして離れる。しかし回復するとまた群れと中に入っていく。参加することに意義がある。いろいろなことにつながっていくことが新しい何かを作っていく。一人一人の心の中にそれぞれの生活の中に創造を作っていくと思う。群れることはとても大切だ、しかししょせん、自分は自分だ。その群れの中にいてそして自己発見の場にしていきたい。

修善寺合宿が終わった

お疲れさん!!団塊の世代が中心になって企画活動した合宿でした。ラフォーレ修善寺は広い。また会場も広い、部屋もたくさんある。サービスも良かった。経理は担当しなかったがきっとそれなりだろう。講師も参加者も有意義で満足した合宿でした。

私の担当は「イメージの力を生活に生かす」のテーマです。動きも入れようと思ったのですがほとんど話しだけで1時間40分は過ぎてしまいます。あれもこれもも欲張りにメモしたけど「エミールクーエ」の暗示の話が中心になってしまい、なんとか沖先生の教えに近づけなきゃと焦ります。それではと電車の中などでまったくの他人に心の中だけで会話をすると気持ちがつながり、気持ちが晴れますよ。それと同じように山川草木悉皆成仏のこころで生きることがこころの昇華になるというわかったようなわからんような話になりました。終わってからの質問は腹筋が無いけどどうしたらいいか言われ、とレベルがガタンと落ちてしまい、そりゃ思い込みですよ、無いヒトなんていない、腹筋がなかったら立てない歩けないですよ、その動きのつながりが悪いだけ。工夫することをがんばってね~。

Tantou

これから写真や内容を報告しますがもう少しお待ちください。以下に写真だけありますよ~

http://www.sougouyoga.com/izugassyuku.htm

修善寺合宿が終わってからのこと

金曜日から伊豆・修善寺で第一回協会の合宿です。3泊4日、130人の合宿です。北海道から27名が参加です。この合宿は寄って集って(よってたかって)行うので私の出番はあんまりないと思います。ゆっくりと台湾の疲れを癒します。それよりもこの合宿が終わってから予定が目白押しです。連合会の会員に資料集の作成、発送が大変です。11月になれば当学院と世直しクラブの内山さんと支笏湖合宿があります。そして連合会の研修会が11月16日、そして12月になれば忘年会がいくつか。。もうそこにお正月があるのですね。。とりあえず修善寺合宿の私の作ったHP用のパンフを載せておきます。パンフ使用は許可済みです。ねっ、Wさん。

Photo

もう帰る日です

この写真は新千歳空港へ帰る飛行機です。エーバー航空は事故故障がないことで有名だとか。いつものように搭乗したのですが私の席がないのです。客室乗務員が追いかけてきて(別に走っているわけではないけど)あなたはファーストクラスだと言うのです。驚きました。初めてです。席がゆったりしているのです。フルリクラインシートです。食事も豪華です。イヤーホーンもグッドです。前の席の人はビールワイン飲み放題みたいらしく次から次へとおかわりしていました。私はぐったり寝てしまって気がついたときは千歳です。旅行代理店のoさんありがとう。。粋な計らいをしてもらって。なんか借りができたみたい。。

Taiwanhikoukiu

つかの間の観光

時間に追われた合宿でしたが主催者の好意(得意なエスケープではない)でタロコ峡谷にタクシーでつれてもらいました。往復1時間半のしばしの観光です。広くて高い山に大急ぎで上り下り写真をぱちぱち撮りました。ここは全山、大理石、蛇紋岩の岩山を砂交じりの濁流が岩を削ったそうです。そしていつの間にか渓谷が出来上がりました。当然何万年もかけてのことでしょう。また、この渓谷はトンネルの連続です。昔の人が台湾の東海岸と西海岸をつなぐためにノミのようなもので掘ったと思います。これも何百年も前の人だったでしょう。早速帰って生命即神、人の命すばらしさ、夢を与えれば、工夫し努力をして他の人のために汗を惜しまない、仕事への情熱の遺伝子を持っている講義を行いました。Kさん通訳をありがとう。。

Taiwantaroko

台湾花蓮市合宿

忙しい日程で合宿に参加しました。台北市から電車で合宿所に着いたのは夜の二時です。見知らぬスクーターに乗った若いアベック(古ーい)が困っているみたいだと私たち二人(一人は通訳の人です)に聞いてきました。真っ暗でゲートは閉まって中に連絡のしようがありません。携帯を貸してくれて、ようやく管理人に連絡がつきました。用が済むとそのスクーターはどことなく走りすぎました。ということで合宿所に入ることができました。Taiwankaijou

台湾に行ってきます。

明日から4日間で台湾に行きます。台湾ヨガ会の合宿に参加です。合宿所に着くのは夜の12時だそうです。ありがたいことに千歳発着ですが、夜、台北について4日後朝一番で帰札です。多分ほとんど合宿所にかんづめだと思います。場所は花蓮県と聞きました。ハードスケジュールですが、期待にこたえてがんばります。

Taiwansc

逆立ちの練習

今日は逆立ちの勉強会をしました。当学院のカリキュラムには逆立ちのポーズはありません。危険だからです。でもとても大切なポーズだということは理解して欲しいです。みなさんで二人ペアになって行いましたがなかなか脚が上がりません。不安、恐怖からでしょう。頭のほうにシッカリ重心を乗せるとかっての井戸の桶二つが互いに降りて上がるように楽に反動をつけなくても上がるものです。肘も開きすぎる人が多いようでした。底辺を広くしたら安定すると思うのでしょうか。かえって不安定になるでしょう。肘を内に締めるように力を入れると肚に力がこもるようです。支えてもらって上に脚が上がったときに腰が反ってしまう人もいます。これも肚に、いやこれは腹直筋を締めることを忘れているのでしょう。・・・とまぁ、普段やらないポーズだけに準備運動含めて60分以上試行錯誤しました。リードしてくれた人のコメントではこの日にあわせて猛特訓をしたそうです。その中で二人がよつんばいになって頭を突き合わせ押し合いっこをすると「頭で押す」という感覚がわかったそうです。これからもチャレンジしてくださいね。

Sakadati_3